治療費

相談・検査診断

初心診断

気になる歯並びの状態や矯正治療に対する患者様のご希望など詳しくお伺い致します。現在のお口の中の状態を見せて頂いてから、おおまかな矯正治療の流れ、治療期間、治療費用などについてご説明いたします。 無料

検査診断料

初回の検査・診断料をはじめ、矯正治療が終了するまでに当院で受けていただくすべての検査料金が含まれております。 ¥40,000

基本料金

小児矯正治療(乳歯・混合歯列期)

早期矯正矯正 ¥80,000
I 期矯正治療 ¥240,000

本格矯正治療(永久歯列期)

表側矯正

  • 4前歯審美ブラケット
  • 全歯審美ブラケット
¥600,000~700,000

舌側矯正(裏側矯正)

ハーフリンガル(上顎舌側、下顎表側) ¥850,000
フルリンガル(上下顎下側) ¥950,000

マウスピース矯正

インビザライン ¥900,000

部分矯正

マウスピース矯正(アライナー) ¥240,000
ブラケット装置 ¥200,000
難症例 ¥280,000

上記の他に、付加装置料(¥20,000〜¥50,000)が、別途、必要になる場合があります。

その他

保定装置料

保定装置(リテーナ) 片顎 ¥30,000

※保定装置は矯正治療後のあと戻り防止装置です。

矯正管理料(来院時)

処置料(表側矯正処置料) ¥5,000 or ¥6,000 ※
処置料(舌側矯正処置料) ¥10,000
観察料(保定管理、経過観察、インビザライン管理※2) ¥3,000

※平日10:30~16:00までにご予約の方は、処置料¥6,000が¥5,000になります。

その他

外科矯正 健康保険適用
ホワイトニング(上下顎) ¥35,000
クリーニング(PMTC) ¥5,000/1回

※当院は、健康保険で矯正治療が可能な、顎口腔機能診断施設・指定自立支援医療機関の認定を受けています。
※上記ホワイトニング、クリーニングは、当院で矯正治療された方の料金です。

矯正治療の目安

小児矯正治療


治療期間:9ヶ月間(症状により治療期間は違います)
治療費:検査診断料 ¥40,000
基本料金 ¥80,000
合計 ¥120,000(税別)
※別途、来院時に、矯正管理料が必要です


治療期間:10ヶ月間(症状により治療期間は違います)
治療費:検査診断料 ¥40,000
    基本料金 ¥240,000
    保定装置料 ¥30,000
合計 ¥310,000(税別)
※別途、来院時に、矯正管理料が必要です

本格矯正治療


治療期間:2年間(症状により治療期間は違います)
治療費:検査診断料 ¥40,000
    基本料金 ¥640,000
    保定装置料 ¥60,000
合計 ¥740,000(税別)
※別途、来院時に、矯正管理料が必要です
※当医院では基本的に上下前歯には目立たない審美ブラケットを使用しております


治療期間:2年間(症状により治療期間は違います)
治療費:検査診断料 ¥40,000
    基本料金 ¥850,000
    保定装置料 ¥60,000
合計 ¥950,000(税別)
※別途、来院時に、矯正管理料が必要です
※下顎は、全ての歯に目立たない審美ブラケットを使用しており、ホワイトワイヤーも可能です

部分矯正

治療期間:10ヶ月間(症状により治療期間は違います)
治療費:検査診断料 ¥40,000
    矯正基本料 ¥240,000
    保定装置料 ¥30,000
合計 ¥310,000(税別)
※別途、来院時に、矯正管理料が必要です

上記は他の患者様の一例です。不正咬合の度合い、個々の状況により治療期間は変わってきます。

保険適用の矯正治療

外科矯正が必要な顎変形症と唇顎口蓋裂およびその他の先天性疾患の矯正治療には健康保険が適用されます。
個人負担は、矯正治療のみであれば20~30万円程度であり、外科手術併用であれば入院が必要となり、加えて15~20万円の治療費がかかります。
詳しくは「保険適用の矯正治療」のページをご覧ください。

医療費控除について

歯科矯正料金は医療費控除を受けることが出来ます

医療費控除とは

医療費控除とは医療費が多くかかった年に、その医療費の負担を少しでも軽くするために、医療費の一部を税金から控除することです。年間の医療費が10万円(その年の総所得金額が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額)を超えた場合、確定申告を行うことにより、一定金額の所得控除を受けることができます。

医療費控除の対象となる要件

年間10万円以上とは、1月1日から12月31日までの間に支払った医療費である必要があります。対象は納税者が自分又は自分と生計を共にする家族やその他の親族のために支払った医療費です。共働きの夫婦もどちらか所得の多い方に医療費を合計して申告できます。学生で同居していない子供に仕送りしている場合も、生計を共にしているので医療費を合計できます。その他、治療費病気の治療のためにお医者さんでかかった費用、薬局などで薬を購入した費用が対象となります。通院・入院のために親が付きそった場合の交通費も対象です。

医療費控除の例

矯正治療費に年間70万円かかったとすると、
医療費控除額は、70万円-10万円=60万円となります。
課税される所得額が600万円の場合、税率は約30%ですので

減税額=60万円×30%=18万円分の税金が免除されます。

実質の矯正治療費は70万円(治療費)-18万円(免除分)=52万円ということになります。

上記はあくまで概算です。

その他知っててほしいこと

たとえ一連の治療であっても、支払った年が違うと申告する年も分かれてしまい、単年度ごとに10万円の控除があるため、戻ってくる税金はトータルで少なくなってしまいます。なるべく単年度で支払うように工夫した方がお得です。
通院の場合の電車・バス代などの交通費も控除対象となります。ただし、公共の交通機関となります。
子供の矯正であれば診断書がない場合でも、控除を受けられますが、成人の方は認められない場合もあります。医師の診断書をつければ控除が受け易くなります。

詳しくお知りになりたい方は、
国税庁ホームページをご覧になるか、税務所に直接お尋ねください。