大田区蒲田 小児から大人までの矯正歯科専門医院 川崎駅より京浜東北線で1駅

スマホサイト SP PCサイト PC

小児矯正
成長バランスを考える小児矯正

大人の矯正
生涯歯の健康を守る大人の矯正

裏側矯正
見えない矯正・裏側矯正

無料メール相談


ささき矯正歯科facebook

ささき矯正歯科日記(ブログ)

Google+

診察時間
診療時間

休診カレンダー

大田区ささき矯正歯科TOP > 症状の種類と治療例 > 前歯が開いている(開咬)

前歯が開いている(開咬)

前歯が開いている(開咬)とは

奥歯は咬んでいても前歯を咬みあわせることが出来ない状態を開咬(かいこう)と言います。
口元が開きやすく前歯の間から舌が見えるといった特徴があります。
原因は指しゃぶりや、舌を前に出す癖などが挙げられます。
また、おしゃぶりの長期使用によっても引き起こされます。前歯で物をかみ切ることができないため、咀嚼機能に障害が表れます。
常に奥歯で噛み砕くために必要以上の負担がかかり、顎の関節にも過度なストレスを与えてしまいます。

習癖について

開咬症例

開咬症例

症例

症例

なぜ矯正治療が必要なのかなぜ矯正治療が必要なのか
子どもの矯正治療のメリット子どもの矯正治療のメリット
子どもの矯正治療のメリット大人でも矯正できるの?
歯並びに影響を与える習癖歯並びに影響を与える習癖
矯正治療の時期矯正治療の時期
矯正治療の流れ矯正治療の流れ
矯正治療の流れ保険適用の矯正治療
費用についてどれくらい費用がかかるの?
受け口(反対咬合・下顎前突)受け口(反対咬合・下顎前突)
出っ歯(上顎前突) 出っ歯(上顎前突)
でこぼこ(叢生) でこぼこ(叢生)
前歯が深く咬みこんでいる(過蓋咬合) 前歯が深く咬みこんでいる(過蓋咬合)
前歯が開いている(開咬)前歯が開いている(開咬)
すき間がみられる(空隙歯列)すき間がみられる(空隙歯列)
口元が出ている(上下顎前突)口元が出ている(上下顎前突)

ささき矯正歯科 お問い合わせ